タカ・マツ複Vも…現実味おびる「11点5G制」導入は日本に逆風か

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月17日 12時1分

喜んでばかりもいられない。バドミントンのワールドツアー・ファイナル最終日は、女子ダブルス(複)決勝で高橋礼華、松友美佐紀組が韓国ペアを2―0で破り、4年ぶり2度目の優勝を遂げた。男子複の遠藤大由、渡辺勇大組は中国ぺアにストレート負け。男女シングルス(単)決勝は奥原希望と桃田賢斗がそれぞれ涙をのんだ。 バドミントンの日本勢は近年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング