裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月15日 15時0分

「平和条約問題に関する協議を開始する」――。ロシアのラブロフ外相がこう宣言し、14日河野外相との間で、北方領土問題を含めた平和条約締結交渉の協議がスタートした。 ラブロフ外相は冒頭から「合意を歪曲したり一方的な発言をしない」と牽制モードだったが、それ以上に驚いたのは、外相会談の前にロシア側が国営テレビで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング