仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月16日 9時26分

2020年東京五輪招致に関わる裏金疑惑を巡って、仏司法当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長の捜査を開始。竹田会長が15日に会見し「違法性はない」と主張したが、“言い訳”は通りそうにない。 13年9月の招致決定に前後し、招致委員会(14年1月解散)は計2億円超をシンガポールのコンサル会社に送金。疑惑はこのカネが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング