46人中トップ10は1人 日本男子ツアーの“地盤沈下”が明白に

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月21日 12時1分

【SMBCシンガポールオープン】 日本ツアーとアジアンツアーとの共催で2016年に始まり、4年目になる本大会。今年は156選手中、主催者推薦を含めて日本人46選手が出場した。 最終日は藤本佳則(29)が13アンダー単独首位スタートのため、共催前の1976年大会に勝った内田袈裟彦(故人)以来43年ぶりに日本人が優勝か、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング