したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月22日 9時26分

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の長期勾留が続く中、フランス政府が攻勢を強めている。先週、仏自動車大手ルノーのマルタン・ビアル取締役や、ルメール経済・財務相の側近が訪日。マクロン大統領の意向を受け、日産とルノーの経営統合を経産省に要求したという。日仏連合の緩衝材だったゴーン被告不在の今、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング