写真

ゲレーロ(左)と亀井(C)日刊ゲンダイ

巨人のレフト争いが他球団から注目されている。19日の沖縄キャンプで行われたゲームノックでは、ゲレーロと亀井が左翼の守備位置に就いた。 外野は中堅・丸、右翼・陽岱鋼はほぼ決まり。左翼はゲレーロが一歩リードしている。亀井の他に松原、立岡、重信らがしのぎを削る構図だが、他球団が警戒する別の布陣があるという。 「外国人枠の最後の1枠を争うとみられる2人でいえば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング