直撃取材を“仁王立ち”で拒否…酒井法子が見せた度胸と貫禄

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月21日 9時26分

青山佳裕【平成芸能界直撃の30年史】 東京メトロ丸ノ内線に中野新橋駅から乗車した酒井法子が、国会議事堂前駅で下車し、高いヒールの靴を鳴らして歩いていく。階段を上がって地上へと出るところで、ふいに振り返り、仁王立ちして言った。 「あなた、さっきから私について来てますよね」 移動も仕事もひとりでこなす姿を目撃しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング