満身創痍の羽生結弦に「新4回転時代」早すぎる到来の衝撃

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月25日 12時1分

「手術してどうなる問題でもないし、大きく痛めてから、より簡単な衝撃でケガをしてしまう」 世界フィギュア2位の羽生結弦(24)が24日、エキシビション前に今季を振り返り、古傷の右足首についてこう言った。 羽生の右足首はすでにボロボロ。2012年、世界選手権の公式練習で捻挫して以降、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング