白鵬“疑惑の右腕”「筋肉切れている」は5月場所への布石か

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月26日 12時0分

「(筋肉が)切れていると思う。なんとなく、稀勢の里の気持ちが分かる」 25日の一夜明け会見で、横綱白鵬が自身の負傷具合を明かした。 3月場所でV42を達成し、全勝優勝は15度目。いずれも歴代最多記録であるものの、代償も大きかった。 24日の千秋楽で鶴竜を投げ飛ばした際、ともに土俵下に落ちた白鵬は右上腕部を押さえて悶絶。支度部屋では患部に氷嚢を当て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング