写真

国士舘の永田監督(C)日刊ゲンダイ

27日に登場する国士舘(東京)の永田昌弘監督(61)は2016年9月、11年ぶりで監督に復帰し、今年4年目を迎える。1度目は83年から05年まで指揮を執り、春7回、夏1回、甲子園出場。91、93年の春は4強入りした。06年から教え子である箕野豪現助監督にバトンを託し、系列の国士舘大の監督を務めていた。同監督は学校法人国士舘の事務職員。いわゆる「甲子園請負監督」として結果が求められる立場だ。復帰の経緯や職業監督ならではの苦労を聞いた。 ◇◇◇ ――監督に復帰した経緯は? 「箕野君がパナソニックでプレーしていたときに監督にならないかと声をかけ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング