吉川尚が離脱…対戦1巡で巨人によぎる原監督“復帰1年目”の悪夢

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月15日 12時0分

「クセが出ている。私も含めて担当コーチが焼きゴテを入れるくらい反省をしないといけない。選手を守れないという部分がある」 こう言って眉をひそめたのは、巨人の原辰徳監督(60)。クセが出ていたのは、14日のヤクルト戦に先発した畠だ。初回に青木にソロ、三回に西浦に3ランを浴び、3回9安打6失点でKO。2番手・宮国も2回3失点と火に油を注ぎ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング