役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月21日 9時26分

大河ドラマ史上最速の視聴率1桁落ちに続き、9話連続1桁台と不名誉な記録を更新している「いだてん~東京オリムピック噺~」。その戦犯とされているのが志ん生を演じているビートたけしで、滑舌が悪く何を言っているのかわからないと不評のようだ。 「たけしは志ん生だけでなく、語りも担当していて出番が多いので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング