阪神は単独最下位へ転落 直面する高校球児からの総スカン

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月23日 9時26分

平成最後の“伝統の一戦”は、絶望だけを残して幕を閉じた。 阪神が本拠地・甲子園で行われた21日の巨人戦で2試合連続の零封負けを喫して3連敗。単独最下位に転落した矢野燿大監督(50)は「監督としてのオレの責任は大きい」と自分を責めた。 四回に遊撃・木浪の野選に二塁・糸原の悪送球が絡んで先制点を献上すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング