巨人菅野“一発病”悪化は勤続疲労 OB投手が強制休養を勧告

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月16日 12時1分

「原因は間違いなく勤続疲労。私がコーチなら強制的に休養させる」 元巨人投手コーチの高橋善正氏がこう言った。昨夜(15日)の阪神戦に先発して自己最悪の10失点、4本もの本塁打を浴びて六回途中にKOされた巨人・菅野智之(29)の投球を見て、「下半身に全く粘りがない。ちょっと深刻な状態ですよ」と言うのである。 実際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング