写真

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のアイアンマン演じるロバート・ダウニーJr./(C)ロイター

マーベル・コミックのスーパーヒーローが総登場する映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」が、前代未聞の特大ヒットを飛ばしている。公開2週目にして、すでに世界興行収入歴代2位「タイタニック」(97年)の21億8700万ドルを突破。いまだ勢いは衰えず、「アバター」(09年)の打ち立てた27億8800万ドルの世界記録に迫っている。日本でもすでに動員330万人を突破。興収は50億円に届く勢いだ。こうした状況について映画批評家の前田有一氏が解説する。 「これまで『アバター』の記録はもう永遠に破れないのではないかと言われてきました。というのも、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング