4横綱も認めた朝乃山の素質と伸び代 そして来場所への課題

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月27日 15時0分

「土俵入りとか土俵に上がったとき、声援がすごかった。でも、一番悔しいのは、“トランプ杯”をもらう立場なのに、目の前で勝てなかった」 朝乃山(25=前頭8枚目)がそう嘆いた通り、竜頭蛇尾の結末だったことは否めない。 千秋楽の26日は御嶽海に負けたものの、5月場所で初優勝。賜杯にその名を刻んだ。それと同時に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング