巨人は“技巧派左腕”飽和状態…埋もれる田口麗斗に西武が熱視線

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月13日 12時0分

巨人は12日の西武戦で打線が9点を奪い快勝。対戦成績を1勝1敗とした。しかし、先発した田口麗斗(23)がピリッとせず、1点リードの四回2死満塁のピンチを招いたところで、マウンドを降りた。四回途中7安打4失点。4回7安打2失点だった前回に続いて、今季2度目の先発も結果は出ず、原監督からは「(味方が)逆転した四回はどんな状況でも0点で帰ってこないと。技術以外の何かが足りない」と苦言を呈された。 2016年に10勝、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング