写真

栗山監督(右)に労われる吉田輝星(C)日刊ゲンダイ

ピンチになろうが、お構いなしに自慢のストレートで押しまくった。 12日、日本ハムの吉田輝星(18)が広島戦でプロ初先発。5回1失点でプロ初勝利を挙げた。 昨年の秋、吉田は「後悔のないような道を選びたい」と言って、プロ入りを決断した。夏の甲子園で881球を投げ抜き準優勝。「金足農旋風」を巻き起こした右腕はすでに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング