165試合目で黒星 巨人の“高木依存”が招いた不敗神話の崩壊

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月15日 12時4分

不敗神話が崩れた。 デビューからの連続無敗記録を更新していた巨人の高木京介(29)が14日の日本ハム戦で敗戦投手に。1点リードの七回に4番手で登板すると、王柏融に2点本塁打を浴びるなど3失点で逆転を許し、プロ165試合目の登板で初めて黒星を喫したのだ。 「実力がなかった。申し訳ない」 そう言って肩を落とした左腕の投球を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング