イージスアショア秋田配備 津波リスクでも隠蔽発覚で地元カンカン

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月15日 15時0分

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田市への配備計画をめぐり、データ不正や住民説明会での防衛省職員の居眠り騒動に地元の反発は強まる一方だ。 14日、立憲民主党、国民民主党、共産党の5人の国会議員が配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場周辺を現地視察した。「演習に影響が出る」と陸自側に拒まれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング