日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月18日 9時26分

【安倍政権がひた隠す拉致問題の実態】#1 安倍政権は「対話のための対話では意味がない」としてきた対北強硬姿勢を百八十度転換し、「無条件で金正恩委員長と向き合う」と言い出した。だが、そもそも安倍政権に拉致問題を解決する力があるのだろうか? 日本人にとって拉致事件といえば、1973年8月に発生した金大中拉致事件が最も衝撃的だろう。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング