年金の次は医療…厚労省が主導する「診察料定額制」の落とし穴

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月27日 9時26分

公的年金の次は、医療をボロボロにするつもりのようだ――。厚労省は、患者が自らの「かかりつけ医」を登録し、診察料が月単位の「定額制」になる制度の検討を始めた。 一定の診察料を払えば、医者に「かかり放題」。支出を気にせず診察を受けられ、医者をよく利用する患者にはおいしい制度に思える。だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング