写真

ミートセンスは一流(C)共同通信社

逆境を知る男が最下位チームで奮闘している。 25日の楽天―広島戦をもって、交流戦の全日程が終了。交流戦首位打者の座は暫定3位のブラッシュがこの日3タコと追い上げられず(.346)、オリックスのルーキー内野手、中川圭太(.386)が手中に収めた。 PL学園から東洋大を経て、昨秋ドラフト7位で入団。アマチュア時代は二塁手だったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング