写真

ジェンキンス・コーチの助言を聞く大坂だが…(C)共同通信社

「時間の問題と思っていました」 女子テニスの大坂なおみ(21)が、最新の世界ランキングで1位から2位に順位を落とし、テニスジャーナリストの塚越亘氏はこう言った。 大坂は昨年3月のパリバ・オープンでツアー初勝利を挙げ、その後は4大大会の全米、全豪を連覇。わずか3勝で世界ランクのトップに立った「シンデレラガール」だ。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング