新天地で化けるのは?日ハム&巨人「2対2トレード」の損得

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月27日 12時0分

巨人・吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム・藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが26日、両球団から発表された。 中継ぎ陣の強化が課題だった巨人が左右の救援投手を獲得。捕手、投手の選手層の厚みを求めた日本ハムとの思惑が一致した格好だ。 巨人の原監督はこの日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング