夏は関東勢が盛り返すも 春のセンバツは九州勢が強いワケ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月18日 9時26分

今春のセンバツは「西高東低」だった。 決勝は東邦(愛知)対習志野(千葉)だったが、8強のうち半分の4校は近畿勢(市和歌山、智弁和歌山、龍谷大平安、明石商)。次いで目立ったのは九州勢の2校(筑陽学園、明豊)だった。 過去3年のセンバツを見ても、九州勢の健闘が目につく。昨年の8強入りは創成館1校とはいえ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング