写真

日本歴代3位の37秒78で2位に入った日本チーム(左から多田、小池、桐生、白石)/(C)日刊ゲンダイ

7月22日のソフトボールで開幕する東京五輪まで、22日でちょうど丸1年。そんなタイミングでロンドンで行われているダイヤモンドリーグ男子400メートルリレーの日本チームが、37秒78のシーズンベストで英国に次ぐ2位だった。 20日の男子100メートル決勝でサニブラウン(20)の9秒97に次ぐ日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴(24)を2走に置く新布陣。多田修平(23)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング