横綱対決で鶴竜に完敗…衰え顕著で白鵬批判ますます高まる

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月22日 12時0分

栄光を誇示する背中の文字がむなしかった。 勝てば優勝決定戦という結びの一番で横綱鶴竜(33)に寄り切られ、43度目の賜杯を逃した白鵬(34)は、浴衣の下に【最多勝利1048勝達成】と背面に派手な刺繍を入れた下着をつけて会場を後にした。 休場明けの今場所は9日目にモンゴルの後輩逸ノ城に一方的に寄り切られ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング