ドラフト上位候補の興南・宮城を攻略した沖縄尚学の底力

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月23日 9時26分

沖縄尚学が延長13回の激闘を制した。 21日、決勝で夏の沖縄V3を狙った興南と激突。初回に幸先良く4点を先制したものの、三回に逆転を許し、5―5で延長戦に突入した。十二回に2点を勝ち越したが、その裏に追い付かれた。十三回2死満塁から、主将の水谷が押し出し四球を選び、試合を決めた。ドラフト上位候補左腕の興南・宮城から8点を奪った価値ある優勝。5年ぶり8度目の夏切符となった。 「沖縄県はよく興南と沖縄尚学の2強といわれるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング