五輪テスト大会で選手から悲鳴 お台場の海“トイレ臭”を専門家が解説

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月13日 15時3分

1年後の東京五輪に向けて、水泳競技「オープンウオーター」のテスト大会が11日、東京・お台場海浜公園で開催されたが、参加選手から高水温や悪臭に対する不満の声が相次ぐ散々な結果だった。 国際水連は競技実施の条件として会場の水温を16度以上31度以下と定めている。この日の水温は午前5時の時点で29・9度(競技中の水温はなぜか非公開)。そのため午前10時だった男子の開始時間を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング