写真

しっちゃかめっちゃか(C)共同通信社

久々の乱闘劇だった。 西武先発斉藤大がオリックスの先頭打者福田にぶつけるプレーボール死球で始まったこの試合、三回にも後藤がぶつけられると、両軍一触即発。そして四回、西武2番手の森脇が、この日3個目となる死球を若月に当ててしまったから、大変だ。 マウンドに詰め寄りかけた若月が球審になだめられ一塁に向かったところで激高したオリックス一塁コーチの佐竹外野守備走塁コーチがマウンドに突進。森脇の胸を両手で突くと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング