靖国参拝で改めて分かった 小泉進次郎氏の薄っぺらさとメディアの劣化

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月17日 15時2分

だから“マスゴミ記者”などとバカにされるのだ。終戦記念日の8月15日は毎年、大新聞、テレビで首相や閣僚、政治家の靖国神社参拝の有無や是非が報じられる。だが、報道は決まって、玉串料の奉納は公費か私費か――などワンパターン。記者にも本気で政治家の歴史認識を問う厳しい姿勢はほとんど見られないため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング