日ハム清宮の4番起用に評論家が警鐘「チームを壊しかねない」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月20日 12時0分

「本人のためにも、チームのためにもなりませんよ」 こう話すのは、評論家の山崎裕之氏。日本ハムの清宮幸太郎(20)が4番に座っていることについて警鐘を鳴らすのだ。 今月13日、4番打者の中田が右手痛で登録抹消されると、栗山監督から代役に任命された。同日のロッテ戦から4番の重責を担う清宮だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング