令和最初の「夏の甲子園」ベンチから漏れてきた裏情報

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月21日 9時26分

■球場のスカウトが気をもむ神奈川“三拍子”遊撃手の動向 「今年の甲子園は不作を超えた凶作。この状態が続くとしたら、ゾッとする」 12球団のスカウトがこう口を揃える。 17日の智弁和歌山戦で14回を投げ抜き、23奪三振の快投を見せた星稜の右腕・奥川恭伸が飛び抜けた存在感を見せているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング