写真

4番で初アーチの清宮(左)、6番で左越えに本塁打を放つ山川(C)共同通信社

待望の一本が出た。 21日、日本ハムの清宮幸太郎(20)が4番として初の本塁打をかっ飛ばした。1点ビハインドの二回、右翼スタンド中段に飛び込む特大の同点ソロだった。 欣喜雀躍(きんきじゃくやく)なのが栗山監督だろう。試合前、20日にチャンスで凡打した清宮について、こう話していた。 「何を考えて打席に入っているのか。なぜ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング