写真

被災者の疲労はピーク(左)、赤羽国交相は「無電柱化」に言及したが…/(C)共同通信社

台風15号が首都圏に上陸し、大規模停電が発生してから16日で1週間が経過。いまだ千葉県内では約6万6000戸が停電しており、被災者の疲労はピークに達しているが、全面復旧にはまだ10日以上かかるという。そんな中、今回の大規模停電の“元凶”として指摘されているのが強風による「電柱倒壊」だ。東京電力と政府は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング