証券界に名前が広まり いよいよ目白で田中角栄と面談【中江滋樹 “兜町の風雲児”ゼニの哲学】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月20日 9時26分

【“兜町の風雲児”ゼニの哲学】#7 関東電化に続いて日本曹達、日本板硝子と株価の上昇を的中させるが、中でも大相場になったのは、青木建設だった。 「スプーン曲げのユリ・ゲラーを招いてパーティーをやった。青木建設の社長と娘さんが来ていて、娘がユリ・ゲラーに会いたいというのでセッティングをした。後日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング