アマ古江に逆転負け…三ケ島かなに“堀琴音の二の舞”懸念

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月21日 12時0分

【富士通レディース】最終日 二の舞いを心配する声がある。 首位と1打差の2位発進の古江彩佳(19)が67で回り通算17アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で国内史上7人目のアマチュア優勝を果たした。2打差の2位タイに稲見萌寧(20)と三ケ島かな(23)が入った。 ツアー未勝利の三ケ島の最終日単独首位は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング