写真

星稜の奥川恭伸投手(C)日刊ゲンダイ

「64年ぶり」があるかもしれない。 ドラフト会議で巨人、阪神との3球団競合の末に奥川恭伸(星稜)を引き当てたヤクルト。コントロールや直球、変化球のキレはもちろん、投球術も完成度が高く、逸材の獲得に高津新監督もご満悦。「即戦力として今年の投手で1番。即戦力として一軍の投手として活躍してほしい。シーズンの早い段階で出てきてくれたら、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング