写真

南ア戦に敗れた直後は笑顔を見せていたジョセフHCだが…(C)日刊ゲンダイ

「日本人のスポーツへの熱意があれば、間違いなく前進できる。これまでやってきたことを継続すれば、若手も育ってくるし、ステップアップは可能だ」 20日の準々決勝で日本を下した南アフリカのマット・プラウドフット・アシスタントコーチが、日本ラグビーの将来性をこう持ち上げた。2015年にトップリーグの神戸製鋼でフォワードコーチを務めた同氏は「(日本は)今回、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング