写真

「IOCにも負担求める」と森会長(左)は言ったが…。あくまで「東京開催」を訴える小池都知事/(C)日刊ゲンダイ

東京五輪「マラソン・競歩」の札幌開催が国際オリンピック委員会(IOC)の“鶴の一声”で決まり、準備してきた選手や関係者は大混乱だ。今月30日から開催されるIOCと大会組織委員会、都の3者による調整委員会で札幌開催は正式に決定する見通しだが、スンナリ終わるとは思えない。小池都知事と森組織委会長の直接対決で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング