写真

15年ぶりの営業赤字となった(ソフトバンクグループの孫会長兼社長)/(C)共同通信社

伊藤博敏【経済ニュース深読み】 ソフトバンクグループが、「ボロボロでございます」(孫正義会長兼社長)と言う2019年9月中間期決算を6日、発表した。15年ぶりの営業赤字。しかも7~9月期に限ってみると、投資事業に絡む損失が9702億円と目を疑う数字である。 もともとソフトバンクは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング