全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年11月12日 12時0分

悲壮感が漂ってきた。 11日の2日目から休場した大関豪栄道(33)。初日、八角理事長(元横綱北勝海)が協会あいさつで横綱鶴竜休場を謝罪した直後の遠藤戦で足首をひねり、左足首関節の靱帯損傷などで全治8週間の大ケガを負った。 この日、病院で診察を受けた豪栄道は「ファンの皆さんに申し訳ない」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング