写真

自覚症状はなくても…

スマホやパソコンなしの生活をもはや考えられない人が大半だろう。その影響を受けて、増えているのが角膜のトラブルだ。どう対策を講じるべきか?東邦大学医学部眼科学講座教授の堀裕一医師に話を聞いた。 今年はじめ、衝撃的な海外ニュースがネット上で話題になった。仕事の必要から、昼夜の別なくスマホ画面の明るさを最大にして見続けていた25歳の台湾人女性が約2年後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング