森永製菓や大塚食品も参入“代替肉”が肉市場の6割を握る?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年11月21日 9時26分

食の新たなジャンルが広がりつつある。植物性タンパク質を使った「代替肉」だ。日本はまだまだ肉料理ブームが続くが、動物性食品を一切食べないビーガンやベジタリアンが多い米国では、いま最も消費量の多いハンバーガーは、肉の代わりに大豆タンパク質を代替品として使ったベジタリアンバーガーが大人気だ。 朝日新聞「天声人語」(11月7日朝刊)も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング