写真

無安打無失点と好投の中京大中京・高橋宏斗投手(C)共同通信社

対戦した学校の監督からは「松坂大輔以上」の声も上がった。 20日の明治神宮大会高校の部の決勝戦。六回からマウンドに上がって高崎健康福祉大高崎(群馬)打線を無安打に抑え、初優勝の原動力となった中京大中京(愛知)の高橋宏斗(183センチ、79キロ、右投げ右打ち=写真)のことだ。 「初戦(対明徳義塾)の最速が146~147キロ。平均が143キロくらいだから球速はまあまあ。今大会ではナンバーワンですけど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング