前年の2倍で銀行が警戒 じわりと増えてきた「粉飾倒産」の背景

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年11月22日 9時26分

粉飾決算で財務内容をごまかしていた中小企業の倒産がじわりと増えている。日銀の超低金利政策の影響で収益の低迷が続く中、甘い審査でこうした取引先に資金を貸し出し、痛手を被る金融機関も目立つ。 「各金融機関、顔を合わせれば(融資先の)粉飾という言葉が出てくる」。西日本シティ銀行と長崎銀行を傘下に置く西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道社長は記者会見でこう嘆いた。 信用調査会社の東京商工リサーチによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング