写真

東京大学の赤門(C)日刊ゲンダイ

【プロはこう見る経済ニュースの核心】 リーマン・ショックから10年を経過し、羹に懲りて……なりを潜めていた大学の資産運用がここにきて急拡大している。頂点を極める東京大学に至っては、国内の大学で初めて債券を発行して資金調達する準備を進めているという。果たして大丈夫なのか。 「駒沢大学はデリバティブ(金融派生商品)運用で154億円の損失を出した」 今から11年前の2008年末、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング