写真

最終戦まで賞金女王争いを演じた渋野(左)と鈴木(C)日刊ゲンダイ

【ゴルファー羽川豊の「プロの目」】 今季女子ツアーは最終戦まで賞金女王タイトル争いが続き、例年になく白熱しました。 2年ぶり2度目のタイトルを獲得した鈴木愛と賞金ランク3位に終わった申ジエの頑張りも大きかったが、2人だけではあれほどの盛り上がりにはならなかったと思います。やはり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング