ドラ1奥川には“寸止め”がいい ヤクルトが描く育成のガイドライン

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月4日 12時0分

3日、ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸(星稜)がヤクルトホール(港区)で行われた新入団発表に参加。500人のファンと触れ合い、「まずは焦らずに土台づくりから。1年目は一軍で投げて勝つことが目標。投手として一番評価される沢村賞を目指したい」と、意気込んだ。 ヤクルトは黄金ルーキーのプロデビューに向けて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング